スポンサーサイト

2017.08.10 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    製塩所に取材に行ってきました!Part1 伊江製塩所

    2010.06.10 Thursday

    0
      こんにちは!
      塩屋の裏方、企画広報部の青山です
      店頭にはいないのですが、塩屋スタッフの勉強用の資料を作ったりしています。
      今回は私が記事をお届けします


      実は先日、ソルトソムリエの勉強&取材も兼ねて、製塩所にお邪魔してきました。
      詳しくは塩屋HPにアップ予定なので、ここではチョロリとさわりだけお届けします


      今回ご紹介するのは、
      塩屋国際通り店スタッフ藤田の大のお気に入り、「荒波」を作ってらっしゃる伊江製塩所の千葉武夫さんです 
      笑顔が素敵です




      塩作りを始めたきっかけは、「他の離島には塩があるのに、うちの島にはないなと思って」。

      そこからなんと独学で試行錯誤して、あんなに美味しい塩を完成させてしまったというスゴイ方なんです


      これが千葉さん自ら手作りで完成させた濃縮ハウス。
      太陽と風の力+ゲルマニウム鉱石の力で、海水を循環させながら濃縮しています。


      で、こちらが結晶ハウス。
      温室内で太陽の力だけで塩を結晶させます。
      すごくキレイに掃除されていたのが印象的でした。





      できあがったばかりの塩の結晶。
      太陽の光に反射してキラキラと宝石のように輝いていました
      取水から結晶、そして製品になるまでに、夏場でも約60日かかります。



      ちなみに海水は、海底から地下淡水が湧き出ている「湧出(わじい)」と呼ばれるスポットで取水。ここは昔から伊江島で大事にされている場所です。
      うーん、キレイ



      写真でうまく伝わるかな??
      海水と淡水が交じり合って、お湯に砂糖を溶かした時のような模様が出来上がっている場所を狙って、取水するそうです。
      琉球石灰岩を通って出てきた淡水なので、カルシウムが多めなのです。



      実際に製塩所にお伺いして、生産者の方にお話をお伺いできるというのは、本当に本当に素晴らしい機会でした。
      千葉さん、お忙しいな中本当にありがとうございました

      では、今回はこのくらいで!
      塩屋HPの製塩所紹介ページでさらに詳しく情報をお伝えする予定です。

      お楽しみに〜
      1