スポンサーサイト

2017.08.10 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    1月11日は塩の日!

    2008.01.10 Thursday

    0
      1月11日は【塩の日】です。
      なぜ?
      と思ったあなた!
      その答えは《塩屋》に・・・!?
      でも、このブログを見てくださっている方は、
      1月11日に《塩屋》へ来ていただくのは、難しいのかな・・・たらーっ
      ブログを見てくださったあなたにだけ、
      こっそり答えを教えちゃいます。

      男1569(永禄11)年の、武田信玄と交戦中の上杉謙信が、武田方の領民が今川氏によって塩を絶たれていることを知り、この日、越後の塩を送ったとされています。この話が、「敵に塩を送る」という言葉のもととなったそうです。
      女武田側の5家の塩商人が引き取りに行き、その中の塩屋孫右衛門のご子孫、17代高野孫左ヱ門さん(甲府市甲陽塩業会長)にお話。塩は今川、北条が止めたのに対し、上杉家は敵対していたにもかかわらず、塩は民が生きていくために大切なものであり、塩を止めて民を苦難に追いやってはならない。正当な価格で甲州の塩商人に販売することを命じました。無料で贈ったわけではありません。しかし戦国の時代にあってそれは大変な義挙であるということで、頼山陽が称揚して有名になったそうです。1月11日はその塩が当時の武田領の松本市に到着した日で、甲府には1月14日に到着しました。それを民衆が喜び長く塩市として祝ってきた習慣があります。いつの頃からか判りませんが、今は名前を飴市と変えておりますが、今もその日に塩とり合戦という行事があるそうです。
      (塩の情報室より http://www.siojoho.com/s08/13.html )

      スポンサーサイト

      2017.08.10 Thursday

      0
        コメント
        コメントする